サイトのソースコードが検索エンジンに情報が伝わりやすい構造となっている記述であることが、検索エンジンによる評価や、適切な検索結果の提供に役立ちますので、 そうなるようにマークアップを最適化することが有効なSEO対策となります。 マークアップとは<br>や<img src= のようなHTMLを使ってwebページのソースコードを記述することです。

具体的には、ページ上の文や単語、段落や見出しに、それぞれの意味(例えば人名・地名)を検索エンジンに伝えてあげることで、検索エンジンが詳しく正確にページの内容を把握する手助けをする という構造化データマップといった手段があります。 またバリデーションを行い、記述に不備のないソースコードにすることも、評価のうえで重要です。